【コラーゲンペプチド粉末】コラーゲンとは コラーゲンペプチドとの違い 腸から吸収

【コラーゲンペプチド粉末】コラーゲンとは コラーゲンペプチドとの違い 腸から吸収

コラーゲンペプチド粉末を購入したいとお考えの方の中には、「コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いとは何だろう?」と、疑問に思われている方もいらっしゃるかもしれません。こちらでは、コラーゲンペプチド粉末を販売している株式会社イーハートが、コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いをご説明いたしますので、情報としてお役立てください。

コラーゲンとは

ウールボールで作られたクエスチョンマーク

コラーゲンとは、たんぱく質の一種です。体の構成に必要な成分であり、体内にあるたんぱく質の約30%はコラーゲンといわれています。

コラーゲンは29種類で、Ⅰ型・Ⅱ型…と分類されます。そのコラーゲンの約70%は皮膚が占め、水分の蒸発を防いだり、皮膚のバリア機能を維持したりしているのです。皮膚の他、骨や血管、爪、髪の毛などの主成分にもなります。

コラーゲンペプチドとは

木の板の上に盛られた粉末タイプのコラーゲン

コラーゲンはたんぱく質の一種であり、たんぱく質はアミノ酸が複数結合してできています。その分子量や構造によって、コラーゲン・ゼラチン・コラーゲンペプチドと呼び方が変化します。

コラーゲンは、3本の細長い分子が、三十らせん状につながっている状態です。コラーゲンに熱が加わることで、三本の分子がほどけるとゼラチンと呼ばれます。そして、ゼラチンを酵素分解し、さらに細かくなった状態がコラーゲンペプチドです。

コラーゲンペプチドの特徴は、コラーゲンよりも、分子量が小さいことにあります。

コラーゲンペプチドとコラーゲンの違い

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いは、分子量です。コラーゲンよりも低分子化されたコラーゲンペプチドは、水に溶けやすく、消化吸収されやすいといわれています。そのため、多くの食品やサプリメントには、コラーゲンではなく、コラーゲンペプチドが用いられているのです。

消化吸収されやすいコラーゲンペプチドを購入したい方は、株式会社イーハートへお問い合わせください。株式会社イーハートでは、コラーゲンペプチド粉末を提供しております。コラーゲンペプチドのみを使用したサプリメントですので、ぜひ毎日の食事のサポートとして取り入れてみてください。

食事のサポートに消化吸収されやすいコラーゲンペプチド粉末を

「コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いとは何か」について解説いたしました。食事のサポートに、消化吸収されやすいコラーゲンペプチド粉末を活用しませんか?

株式会社イーハートが提供しているコラーゲンペプチド粉末は、無味無臭のため、料理や飲み物に混ぜても味を損ないません。手軽にコラーゲンペプチドを摂取したい時に役立ちます。コラーゲンペプチド粉末に関するご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。

コラーゲンペプチド粉末をお探しなら株式会社イーハートをご利用ください

会社名 株式会社イーハート
住所 〒399-4108 長野県駒ケ根市下市場21-10-102
電話番号 0265-98-8724
お問い合わせはフリーダイヤルへ
0120-131-024
FAX 0265-98-8728
MAIL お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
代表者 伊東 千絵
業務内容 美容・健康関連商品の製造・販売
URL https://eheart-ai.com/